映像授業のおすすめの予備校は?「校舎来校型」と「アプリ型」映像授業の違いとは

予備校には「集団授業」「個別指導」「映像授業」などさまざまな形態があります。

中でも、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置による休校で、これまで以上に脚光を浴びているのが「映像授業」です。

塾や予備校を選ぶ際の選択肢として、「校舎来校型」の映像授業を視野に入れている方に、「アプリ型」の映像授業との価格差の理由、来校型ならではの魅力、不安を解消してくれる塾や予備校の選び方を紹介します。

「映像授業」とは?どのような種類があるのか

映像授業とは、授業を映像で学ぶ学習スタイルです。塾や予備校に行って映像を見る「校舎来校型」自宅などからスマホやPCで受講する「映像授業アプリ」、この2つを組み合わせたものの3種類があります。

映像授業のメリットは自分のペースで学習を進められることで、これは「校舎来校型」、「アプリ型」のどちらにも共通するものです。

例えば、1度見ただけでは理解できなかった授業や、苦手分野の授業、よく聞き取れなかった箇所だけを繰り返して何度でも視聴することができます。

早送りやリピート再生なども自由自在にできるので、理解度に応じて学ぶ速度を変え、効率よく学ぶことが可能です。

受講する日時や、受講したい科目・分野を自分で決めることができるのも大きな魅力といえるでしょう。

スケジュールや進度が決まっていて、皆に合わせなければならない集団授業と違い、部活や習い事、学校行事など、自分のスケジュールやペースに合わせて受講することができます。

来校型映像授業塾の魅力:学習管理やサポートが手厚い

「校舎来校型」と「アプリ型」映像授業の最大の違いは、相談や質問に答えてくれるスタッフや先生の有無です。

自分の都合に合わせて受講時間や教科をカスタマイズする映像授業は、裏を返せば自己管理が必須な学習方法といえます。

「アプリ型」は家で1人で受講するため、ついついさぼりがちになったり、緊張感が薄れて集中できなくなったりしがちです。

自己管理が苦手な人や、客観的なアドバイスが欲しい人には「校舎来校型」の映像授業塾や予備校が向いているといえるでしょう。

「校舎来校型」の塾や予備校では、スタッフが常駐しており、受講後に確認テストが行われることもあります。

適度な周囲の目と、授業の受けっぱなしにならないシステムがあるため、緊張感を保ちながら受講することができるのです。

映像授業の進め方や進路の相談など、生徒への手厚いサポートを売りにしている塾や予備校が多く、「疑問や不安があっても相談できないのでは」「学習の定着につながらないのではないか」といった映像授業ならではの不安点を解消することができます。

また、塾や予備校に通うことが、学習のスイッチを入れてくれるというメリットもあります。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、「校舎来校型」の映像授業塾であっても自宅での受講ができる塾も増えています。

WEB面談を実施する・電話で学習状況を確認するなど、自宅受講へのサポート体制は塾によって異なるので、各塾の自宅受講時のサービス内容は必ず確認するようにしましょう。

来校型映像授業塾の魅力:講師・テキストの質も高く、受講講座数・レベル数も豊富

「校舎来校型」の映像授業では、大手予備校などの映像授業を全国どこにいても受講することが可能です。

実績十分、経験豊富なトップ講師陣が、学生がつまずきやすいポイントを押さえつつ、大学受験に必要なエッセンスを詰め込んだ授業を行ってくれます。

入試の傾向を分析しつくした質の高いテキストを使用するのも魅力といえるでしょう。

受講科目や項目を細かく分けて必要な学習に注力できるようにしていたり、学力や志望校に合わせた複数の講座を展開していたりと、映像授業ならではのメリットを存分に享受できます。

来校型映像授業塾の魅力:来校型ならではのサービスがある

「アプリ型」の映像授業では、受講内容に疑問があったり、理解が難しかったりしても、その場ですぐに、また講師に直接質問することはできない場合が多いです。

ただし「校舎来校型」の映像授業では、受講中に理解できなかった箇所は常駐している講師やスタッフにその場で直接質問し、解決するまでサポートを受けることが可能です。

また、完全に理解しながら学習を進めることができ、授業を受けっぱなしにしてしまう不安がないのです。

それどころか、講師やスタッフとの会話を通じて映像授業の内容をより深く理解できるという利点もあります。

また、受講をしない日も自由に利用できる自習室が整っていて、試験勉強などを集中して行えたり、大学受験に必要な資料や赤本の閲覧ができたりする塾や予備校もあります。

来校型映像授業塾の不安:知識は本当に定着するの?

「アプリ型」と比較すると、サポート体制の整っている「校舎来校型」ですが、講師と相対して授業を受けるわけではないという点でなんとなく不安がぬぐいきれない方も多いかもしれません。

集団授業や個別指導は基本的に学校での学習に近く、どのように知識が定着するかをイメージしやすい一方で、「校舎来校型」であっても、映像授業はただ見るだけで身につかないのではないかと思われがちです。

こうした保護者や受講者の不安を払拭すべく「校舎来校型」の塾や予備校では、さまざまな工夫を凝らしています。

その1つが、映像授業受講後に行われる理解度をはかる確認テストです。中には、目標点に到達するまで次の単元に進めないという塾や予備校もあります。

授業の内容が知識として定着していないと解けないため、緊張感を持った受講が可能です。

また、担任制をとって、いつも決まったスタッフが受講内容や進捗状況を確認するなど、集団授業や個別指導と同等かそれ以上に1人1人に対応したシステムが考えられているケースもあります。

来校型映像授業塾の不安:映像授業アプリとの価格差は?

「校舎来校型」と「アプリ型」では同じ映像授業であっても受講料に差があります。

「アプリ型」のほとんどが、数千円程度の価格で手軽に受講できることをうたっていますが、「校舎来校型」と「アプリ型」とを比較すると、やはり価格差はあると考えておきましょう。

費用の差は、専門スタッフによるきめ細やかなサポートやチェック体制、実績のある講師陣や良質なテキスト、自習室などの校舎来校型ならではのサービスにあります。

そしてこのサービスは、知識を定着させたり、スケジュール通りに学習を進めたりするために最も重要な部分を網羅しているといえるでしょう。

来校型映像授業塾のただしい選び方

塾や予備校選びで最も重要なのは、どの形態の学習サービスを使えば目標を達成できるかという点です。

志望校合格という大きな目標はもちろんのこと、「授業の先取り学習を積極的に行いたい」「学力を向上させ、さらに上位の大学を狙いたい」など、日々の学習の中で取り組みたい目的はそれぞれにあるでしょう。

こうした目的をまず明確にし、それを達成するために必要なサービスが整っているかどうかを慎重に検討する必要があります。

一言で「校舎来校型」の塾や予備校といってもサービスの充実度はさまざまです。

重要ポイントである映像授業の質については、大手予備校が行っているものであればレベルは担保されているといってもよいでしょう。

長年、大学受験に携わってきた経験豊富な講師陣は、生徒に理解させるために必要なポイントを知り尽くしています。「この先生の授業が受けたい」と多くの生徒が希望するような有名講師の授業を受けることも可能です。

また、大手予備校が手がける映像授業は、受講できる授業の種類が多いため、自分のレベルにあった内容が揃っていると考えてよいでしょう。

そして、「校舎来校型」の塾や予備校に通うメリットは、何といってもサポート体制があることです。

塾や予備校を選ぶ際には、映像授業の内容を確認するのと同等に「学習サポートが手厚いか」「進捗具合の確認や進路相談にのってくれるか」をしっかり確認する必要があります。

同じ「校舎来校型」であってもサポート体制はさまざまで、それぞれに特徴があります。まずは体験受講に参加して、自分の目で確かめるとよいでしょう。

”来校型”映像授業のおすすめの塾とは

「河合塾マナビス」では、受験のプロであるアドバイザーが学習状況や志望校に合わせたカリキュラムを作成し、「月例面談」や「模試面談」などで日常的にサポートしながら学習を進めます。

「チェックテスト」はもちろん、アドバイザーに学習内容を自分の言葉で説明する「アドバイスタイム」など、受験本番を見据えたサポートも特徴です。

通い続けられるか不安・学習の自己管理が苦手な高校生にもおすすめです。

また、月に一度保護者様にお電話をし、お子様の様子や学習状況を伝えています。ご質問、ご相談をいつでも受け付けています。

「何日か通って通塾イメージをつかみたい」「河合塾マナビスの教室はどんな雰囲気なんだろう」「アドバイザーはどんな人なのだろう」。

そんな方は、まずは河合塾マナビスまでお気軽にお問い合わせください。

また、1日でも早く受験勉強をスタートし、志望校合格を目指したい方には、1DAY無料体験がおすすめ。進路相談から体験受講まで1日で完了します。

河合塾マナビスでは、オンライン無料体験も受付中。ご自宅で学習を進めながら、学習相談も受けることが可能です。