現代文の効果的な勉強法って?成績アップ&受験対策に必要なこととは

大学受験の国語では、一般的に配点が高いのが現代文です。ところが「現代文は何をどのように勉強していいかよくわからない」「センスがないから現代文で高得点をとるのは無理」などと考えている生徒は少なくありません。

そこで今回は、現代文の勉強について悩みを持つ人を対象に、現代文の具体的な勉強方法や高得点を得るために必要な力、解答する際のポイントなどを解説します。

現代文とはどのような教科なの?

現代文は大きく評論と小説とに分けられます。
そのうち、特に評論で高得点を狙うには「筆者が伝えたい主張はどのようなものか」「それをどのような論理展開で述べているのか」「各段落の役割は何か」を理解することが大切です。

たとえば「この筆者は小学生にスマートフォンを与えることに反対しているのだな」「第3段落では、体験談を通して主張の裏付けをしているのだな」といった調子です。

「現代文を解くにはセンスが必要」といわれることがありますが、これは正しくありません。センスといったふわふわしたものがなくても、筆者の主張と論理構成とを見抜き、正しい読み方・解答の仕方を押さえられれば安定して点をとれるようになります。

一方、小説は評論とは異なり、明確な書き手の主張はありません。

もちろん、書き手が伝えたいテーマはありますが、それは主張ではなく、書かれている内容をどのように理解するかは読み手の主観に委ねられていることが一般的です。

とはいえ、現代文における小説を解く際は客観的に読む必要があります。特に、登場人物の心境がどのように変化しているのかを意識して読みとることを意識すると良いでしょう。

現代文を解くときは、このようなポイントを押さえているかどうかで得点率が変わります。センスがあるかどうか、普段から小説を読んでいるといったことは、得点率にはあまり影響しないと言えるでしょう。

現代文が苦手な生徒は、本文で出てきたものと同じ表現がある選択肢を選んでしまうことがしばしばあります。これは、筆者の主張や論理展開に対する理解があいまいなためです。

現代文では、本文を読んだうえで導き出したものに基づいて、もっとも近い内容となる選択肢を選ぶことが求められます。

現代文の得点アップに必要な力とは?

現代文で正答するためには、主に3つの力が必要です。

そのうちの1つに「語彙力」があります。これは、英語学習と同じで、言葉を知らなければ書かれている内容の理解が浅くなってしまうからです。

現代文を解くのに必要な語彙には「漢字」と「キーワード(慣用句やことわざなど)」があります。

漢字は覚えておくだけで確実に得点できるものなので、時間を割いてきちんと学習しましょう。

キーワードについては「日本語で書かれているのだから特別な勉強はしなくて良い」と考える人がいるかもしれませんが、それは正しくありません。

なぜなら、現代文では日常生活であまりなじみのない特殊なキーワードが出ることが多いからです。
たとえば「演繹」「ユビキタス社会」「アウラ」などを読んですぐに理解できるでしょうか。意味するところが理解できなければ文章全体の理解度が下がってしまい、高得点を得ることはできません。現代文の頻出キーワードについては、参考書などで学んでおく必要があります。

次に必要なのが、文章の本筋を理解して筆者の主張を構造的に把握できる「読解力」です。
本文を読んで何を訴えているのか、どのような構造なのかを第三者に説明できるレベルが求められます。読解力は、現代文の点数を上げるために欠かせない、鍵となる力です。

語彙力、読解力に加え、現代文で高得点をとるためには「解答力」も欠かせません。解答力とは、正しい解答に導くためのテクニックです。出題形式によって内容が異なり、マーク式か記述式かで次のように変わります。

  • マーク式:本文と選択肢を突き合わせ、正しいものを選ぶ力
  • 記述式:本文の論理構造や因果関係を正しく把握し、必要な情報を取捨選択して指定の文字数で書き表す力

得点upの原則①本文から解答の根拠を探すこと

現代文は「どう勉強していいかわからない」と思われがちです。
しかし、実は点をとるために必須の原則が存在します。この原則さえ押さえられれば、一見難解に思える文章でも論理的に把握でき、自信を持って解答できるようになるでしょう。

その原則の1つ目が「解答する際の根拠は必ず本文中に求めること」です。現代文において、解答が正しいかどうかは本文に沿った内容であるかどうかの1点で判断されます。自分で考えて解答したり選択肢を選んだりすべきではありません。

たとえば「スマートフォンを与える適切な年齢は20歳である」が筆者の主張だとしましょう。仮に、あなたが「スマートフォンは高校生から持たせるべき」と考えていたとしても、解答の根拠とすべきなのは筆者の主張のみです。
つまり、現代文の設問を解くときは、私的な意見や感想はいったん脇に置かなければなりません。

主観を捨て、常に客観的な姿勢で読み続けることが重要です。これができれば、現代文の問題へのアプローチ方法がこれまでとは変わってくるでしょう。

得点upの原則②評論では「筆者の主張」、小説では「登場人物の心情」を的確に押さえること

現代文で点を取るための原則の2つ目は「評論文では筆者の主張を、小説では登場人物の心境・心情を的確につかむこと」です。

評論文は、あるテーマに対する筆者の主張が論理的に展開されています。主題や主張が正確につかめなければ、得点することはできません。
なお、主題は「何について書かれた文章なのか」ということ、主張は「主題に対する筆者の考え、意見」を意味します。

小説では、描写されている動作やセリフ、情景描写などの事柄から登場人物が何を考え、どのような心情でいるのかを客観的にとらえることが重要です。

登場人物が悲しみにくれる描写が続いているのに「これは自分だったら許せない。怒る場面だ」などと考えて解答してはいけません。

評論文であっても小説であっても「何を答えるべきなのか」を考えることが重要です。先にも述べたように、自分の主観は入れず、必ず本文から解答の根拠や要素を探すようにしましょう。

大学受験の現代文に必要な知識とは

大学受験の現代文で高得点を得るには、①語彙②文法③背景知識が必要です。
語彙には、漢字とキーワード(ことわざ・慣用句)が含まれます。

漢字は正しい意味を覚え、正確に読んで書けるようにし、点数をとりこぼさないようにすることが大切です。

キーワードについても、参考書で繰り返し学び、確実に満点をとることを目指しましょう。ことわざや慣用句を覚えると、直接の点数アップに結びつくだけでなく、本文を誤解なく読み解き正答に近づけるという間接的な点数アップに寄与します。

受験用の現代文の読み方に慣れ、インプットすることも大切です。
何度も読解の練習をして自分なりの読み方がつかめたら、問題集に取りかかります。

問題を解いたら答えが合っているかどうかを確かめますが、このときすぐに解説を読んではいけません。間違えた問題は根拠となる文章が本文中のどこにあるかを探し、どうして間違えたかを探りましょう。

繰り返し問題を解き、自分なりの読み方や解き方に対して仮説を立てて分析することで、解答の根拠を見つける精度が向上します。

なお、問題を解くときは、仮に制限時間が課されていても気にすることはありません。時間がかかっても良いので、納得いくまで徹底的に取り組みましょう。そうすることで力がつきます。

また、志望校の二次試験に国語があるなら早い段階で過去問に取り組むことが大切です。積極的に過去問を解き、傾向や対策を徹底的に研究しましょう。

現代文の学習も河合塾マナビスで!苦手を克服したいあなたにもおすすめ

現代文を解くために必要な力、効果的な勉強は理解できたでしょうか。

現代文に限らず、受験勉強は計画的な学習と志望校への適切な対策が必要です。入念な学習計画のもと、継続して学習を行い、志望校大学を目指しましょう。


ただし下記のような理由で、他の教科と比較しても現代文は参考書で学習していくことが難しいと言われています。

  • ”読解”が苦手な生徒が、”読解”で問題を理解しなくてはいけない。

参考書の解説はいわゆる「論説」です。論説がわからないから勉強しているのに、勉強する基になるのが論説のため理解が難しいです。

  • 講義で伝えている内容を本にすると、参考書では伝えきれないボリュームになってしまう。

1分間のスピーチでも原稿用紙約2枚になるように、現代文の講義内容を参考者にすべて納めるのは非常に困難です。

  • 自らの考えの誤りを、文章だけで理解するのが難しい。

河合塾マナビスでは、あなたの苦手科目・分野の克服や難関大対策もできる約1,000講座をラインナップ。

自分なりに現代文の勉強をしているものの、成績が思うように上がらない方におすすめの講座や、本文の重要箇所のとらえ方・設問及び解答の効果的な作成方法など「合格点」をとるための実戦的なアドバイスを行う講座など、各科目にレベル別・大学別で講座が用意されています。

学年の枠にとらわれず、本当に自分に合った講座を選択可能!

また、受験のプロであるアドバイザーがあなたの学習状況や志望校に合わせたカリキュラムを作成し、科目間のバランスを取りながら、学習方法を指導します。「月例面談」や「模試面談」では、受験戦略を練り、配点や難易度、生徒ご本人の得意不得意から、総合的にアドバイスします。

河合塾マナビスで「今」伸ばすべき力を的確に引き上げ、志望大学合格に向けてレベルアップしませんか?

苦手科目克服をしたい方、大学受験に不安を抱えている方は、 ぜひ一度河合塾マナビスにお問い合わせください。


河合塾マナビスでは、現在学年ごとに無料講習を実施中!

高3生高3生新学期特別無料講習のお申し込みを受付中。5/24(月)までのお申し込みで、2講座を無料で受講可能です。高校の学習・大学入試の対策・共通テスト対策など、全156講座の中からあなたに合った講座を選択できます。

受講期間はたっぷり2週間!自分の予定に合わせて受講スケジュールを立てられるので、学校の授業・部活動と講習を両立することが可能。校舎・自宅での受講の組み合わせも自由自在です。

高1・2生は、今のあなたに必要な力と効率的な学習法が1日でわかる1DAY無料体験がおすすめ。マナビスの学習相談と映像授業を体験しよう!また、自宅でも映像授業の受講と学習カウンセリングが無料体験できる、オンライン無料体験も実施中です。

河合塾マナビスでは、学習に関するご相談も随時受付中。受験のプロのアドバイザーが、あなたの学習・受験に関するお悩みや不安を一緒に解決します。あなたの今の実力・志望校に合わせた勉強法などもお伝えします。