大学受験の英語の効果的な勉強法!共通テストの特徴や分野別の勉強法を解説

英語をどのように勉強すれば、効率的に大学受験に対応できるレベルまで伸ばせるでしょうか。

2021年度にはセンター試験にかわって大学入学共通テストが始まることもあり、英語をどのように勉強すれば良いかわからずに悩んでいる人も多いでしょう。

そこで、ここでは、大学入試を目指して英語を学ぶ場合の具体的な学習方法や進め方について紹介します。

\ 1DAY無料講習受付中!/
マナビスで受験対策を始めよう!

新大学入試で英語はどう変わる?

1990年から始まった大学入試センター試験は、2020年度をもって廃止され、2021年からは新形式の「大学入学共通テスト」に移行しました。

大学受験を予定している人が最も気になるのは、「何がどのように変わるのか」という点でしょう。大きくは、以下のような点で違いが見られます。

センター試験から共通テスト英語で変わった部分は大きく4つです。

  • 配点が「リーディング:200点→100点」「リスニング:50点→100点」に変更される
  • アクセント、文法問題がなくなる
  • 設問が日本語から英語の記載に
  • 長文の傾向が大幅に変わる

#配点が大幅に変更される

英語の配点の変更点(センター試験→共通テスト)

リーディング:200点→100点
リスニング:50点→100点

センター試験の時の配点よりもリスニングの配点が2倍になったため、リスニングの対策は必須といえます。

さらに多くの問題の放送回数は1回に変更(センター試験は2回)に変更されているので、聞き逃しは許されません。

単語を覚えるときや読んだ長文を普段から声に出し、リスニングの問題を解きなれておくことが大事です。

#アクセント、文法問題がなくなる

大学入学共通テストでは、発音やアクセント、文法や語句整序を問う問題はなくなりました。

リーディング問題は長文読解が中心となるため、文法に関する問題については素早く回答し、配点の高い長文読解の問題へ時間を回したいところです。

しかし、文法の知識は長文問題を解くのに重要な知識であるとともに、私立大学の入試問題では文法や語句整序を出題している大学もあるため、文法の勉強は引き続き必須項目といえます!

#長文の傾向が大幅に変わる

これまで出題されていた文法問題がなくなった分、大幅に長文問題の割合が増え、素早く大量の長文を読む必要があります。

また、図や表を見たり、英文の中にある正しい情報を読み取った上での解答が求められる、思考力や判断力を問う問題が増えました。

この対策として、過去問などを繰り返し解き、問題に慣れる必要があります。

リーディングでの変更点は以下の通りです。

  • 読解問題がメイン
  • 図や表を用いた出題が増加
  • 日常的なテーマからの出題が増加

#設問が全て英語で記載に

今までは問題文は日本語でしたが、英語に変わりました。問題分を理解しないと回答もできない状態になるので、こちらも基本的な出題パターンをあらかじめ過去問などで慣れておくといいでしょう。

2022年度 大学入学共通テスト英語

 

「共通テスト」と「センター試験」で配点が大きく変わる⁉

リーディングの点数が変わったので配点も変わりました。センター試験との比較表は以下です。
これを見ると長文の対策にかなり重きを置く必要があることが分かります。

大問 センター(配点) 共通(配点)
第1問 発音アクセント(14) 書籍情報・Webサイトの読解(10)
第2問 文法(47) 施設案内文・記事の読解(20)
第3問 文削除、会話文など(33) ブログ・雑誌の読解(15)
第4問 図表読解など(40) 複数のブログ記事読解(16)
第5問 小説・エッセイ読解(30) 伝記文の読解(15)
第6問 評論読解(36) 論理的な文章の読解(24)

※2022年共通テストより

入試英語の対策法・勉強法は?

大学入学共通テストや志望大学の英語の試験を突破するためには、まず基本的な英語に関する知識をつける必要があります。
英語の勉強法は「英単語文法」「英文解釈」「長文読解」という分け方ができます。
下から順に英語の基礎を積み上げていき最終的には、どんな入試問題にも対応できるような英語力を身につけていきましょう!

英単語の勉強方法

長文を読むためには、英単語を覚える必要があります。
暗記系が苦手という方も、以下の方法で覚えることで自然と英単語を身に着けることができます。
私もこれで1冊の単語帳を完璧にしました!

1週間で同じ英単語「100単語」毎日見る

具体的には「1週間で同じ英単語100単語毎日見る」方法です。
決してすべての単語を1回目、1日目で覚えようとする必要はないです。

何回も同じ内容のアニメを見るとストーリーを覚えてしまうのと同じで、何回も同じ単語を見ることで自然と単語の意味を覚えることができます。
英単語帳に置き換えると、「1章分を今週は見る、覚える!」という風に設定し、毎日の登校や下校の時間に見るようにしましょう!

筆者はこれで1冊の単語帳に載っているすべての単語を覚えることができました!

音読して「音」を覚える

また、英単語は見て覚えるだけでなく、音読して「音」で覚えるようにしましょう!

なぜなら、五感をフル活用することで記憶の定着はしやすくなるという研究結果があり、視覚だけでなく聴覚を使うことで単語を覚えやすくなるからです。

加えて、大学入学共通テストではリスニングの比重が大きいのでリスニング対策にもつながります!

1冊の単語帳を完璧に!

英単語帳は大学受験に対応しているものであれば正直どの単語帳でも問題ないです。
迷っている方は以下の単語帳がおすすめなので、どちらかを今すぐ買って単語を覚えましょう!

image.png

英単語ターゲット1900 6訂版 (大学JUKEN新書)


システム英単語<5訂版>

ここで注意すべきなのが「単語帳を2冊目を買って浮気をしてしまうこと」です。

理由は、2冊とも並行で暗記していくと、途中で飽きてしまったときに、覚えるべき単語に抜け漏れが発生し、どちらの単語帳も中途半端になってしまうからです。
そのため、基本的には1冊を完璧にしていきましょう!

1冊の単語帳がもう完璧になった!」という方はその単語帳よりもレベルの高い単語帳に挑戦するのは全然ありです!

英文法の勉強法

大学入学共通テストでは文法の問題が出ないからと言って、文法の勉強をしないのは危険です。
理由は2つ。
1つ目は、長文問題で正答するには、正しい文法を身に着け、精読ができる必要があるからです。
2つ目は、志望する各大学では文法や語句の単体の問題が出題されるところも多いためです。
そのため、文法の知識は基礎から応用までしっかりと付けておく必要があります!

英文法のインプットとアウトプットの方法

基本的な英文法の勉強法としては、「インプットとアウトプットを繰り返すこと」です。以下の流れを繰り返し行っていくことで、英文法の体系的な知識をつけていくことができます!

  1. 勉強する分野を決め、インプットの参考書を読む
  2. その後アウトプットの参考書でその分野の問題を解く
  3. わからなかった部分や間違えた部分の解説を読み、理解できていなかった部分をメモする
  4. 翌日~3日後にもう一度アウトプットの参考書でその分野の問題を解く
  5. わからなかった部分や間違えた部分の解説を読み、理解できていなかった部分をメモする
  6. これを繰り返し穴をなくしていく!

インプット用の参考書

英文法のインプットは高校の授業や参考書などで知識をつけていきましょう!
参考書自体は高校で配られる以下のような基本的な参考書で問題ないです。

総合英語Evergreen

アウトプット用の参考書

英文法のアウトプットも高校の授業や参考書などで知識をつけていきましょう!
参考書によって大きく差はないため、高校で配られる以下のような基本的な参考書で問題ないです。
英文法の問題集に関しても、「参考書の浮気は厳禁」です!
1冊の文法に関する参考書が完璧になった場合は、志望校に合わせたレベルの新しい参考書にチャレンジしても問題ないです!

Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服

英文解釈の勉強法

英単語」と「英文法」の知識がついてきたら続いては、「英文解釈」に移りましょう!

英語の文法は日本語と単語の配置が違う!

英語は日本語と違っていて、単語の配置が異なります。

例えば、以下の文章で考えてみましょう!

日本語:私はサッカーが好きです。

英語:I like soccer.

日本語の場合は

私は(主語)サッカー(目的語)が好き(動詞)です。

主語→目的語→動詞という並びになります。

一方英語の場合は

I(主語) like(動詞) soccer(目的語).

主語→動詞→目的語という並びになります。

このように、「英語と日本語では単語の配置(語順)が異なっている」ということをまず理解して、英文解釈を勉強していくと、理解がしやすくなると思います!

英文解釈の勉強方法

続いて具体的な「英文解釈の勉強法・やり方」について紹介します。
以下を丁寧に行い、読める英文を増やしていきましょう!

英文解釈の勉強方法
  1. 英文解釈の参考書を1冊決めて、解いてみる
  2. 解説・和訳を見ながら英文構造を全て理解する
  3. わからなかったところを復習する
  4. 繰り返し音読をして、英文を読む速度をあげる
  5. 長文問題でも英文解釈を意識し、問題を解き、復習をする

1.英文解釈の参考書を1冊決めて、解いてみる

まずは英文解釈の参考書を1冊決めて、問題を解いていきましょう!
おすすめの英文解釈の参考書は、以下のものが初級~中級者の方にはおすすめです!
わかっている問題については飛ばし、どんどん進めていきましょう!

大学受験スーパーゼミ 徹底攻略 英文解釈の技術100

2.解説・和訳を見ながら英文構造を全て理解する

問題を解いてみて「わからない!」となったらすぐに解説を読みましょう!
知らないことは知らなくて当たり前です!どんどん新しい知識を知って自分の知識にしていきましょう!

英文解釈の参考書や教材には、丁寧な英文構造の解説と和訳が付いています。
それを100%吸収するつもりで、1つ1つの英文構造を理解していきましょう!

3.わからなかったところを復習する

解いた問題の文章の構造を理解しても、復習をしなかったらその知識は身につきません
もう1度問題を解いてみて解答・解説を読まなくても文章や文章構造が理解でているか確認してみましょう!
1回で理解できる人はいません。
何度も解いて、復習する」というルーティンを繰り返し「文章の構造を説明できるようになる」という状態を目指しましょう!
それができるようになると、長文問題を解いていても読める文章が自然と増えていきます!

4.繰り返し音読をして、英文を読む速度をあげる

完璧に理解できる英文が増えてきたら、その文章の文章構造をイメージしながら、繰り返し音読していきましょう!
音読をすることで理解した英文を頭の中で処理するスピードが上がり、長文問題を解くときにも、読むスピードを上げることができます

実際の入試では限られた時間で多くの長文問題を解かなくてはいけません。
その準備として、文章構造を理解した文章をお繰り返し音読していきましょう!

音読はリスニングにも良い影響があるので、共通テスト対策にもつながります!

5.長文問題でも英文解釈を意識し、問題を解き、復習をする

英文解釈をある程度完璧にし終えたら、どんどん長文の問題を解いていきましょう!
問題を解く際にも、スピードを意識しつつ、学んだ英文解釈を考えて問題を解いていきましょう!

また復習の際にも解説を読みながら、問題を解く際につまずいていた部分を見直し、丁寧に英文解釈をしていきましょう!

そして、繰り返しにはなりますが、解き終わった問題を「復習→音読」をしていき、スピードを上げて読める文章を増やしていきましょう!

長文読解の勉強法

英単語文法」「英文解釈」をある程度完成してきたら、それらの知識を総動員して、「長文読解」をしていきます!やみくもに問題を解いていては、あまり意味がありません。

以下の点に気を付けて長文を解いていきましょう

  • 問題を解く前に設問を確認する
  • 時間を決めて解いてみる
  • ディスコースマーカーに注目する
  • 知らない単語があった際は推測をする
  • 復習をし、音読をする

問題を解く前に設問を確認する

長文の問題を解く際に、問題文をあらかじめ軽く読まずに、文章を読み始めてしまう方も多いと思います!
しかしこれは、かなりもったいないです!

事前にざっくりでいいので出題内容を把握し、文章を読むと、ここが回答のキーになる部分かも!と文章の中の重要なポイントに気づきやすくなるからです。

また、気づいた部分に目印をつけておく」と時間がない中で回答の材料を見つけやすくなりますし、解き終えた後の見直しもしやすくなるのでおすすめです!

ぜひ文章を読む際に出題の内容を軽くでいいので事前に把握しておきましょう!

時間を決めて解いてみる

受験本番は、限られた時間で多くの長文問題を解かなくてはいけません
そのため、普段の勉強で長文を解く際にも、時間をあらかじめ設定して解くようにしましょう!
普段の勉強でもこれを行うと、受験本番でも緊張せずに、普段通りの力を発揮することができます!

ディスコースマーカーに注目する

「ディスコース・マーカー」とはよく耳にしますが、なんでしょう?
ディスコース・マーカー」とは「ディスコース(discourse)」=「」という意味、「マーカー(marker)」=「目印、標識」という意味です。

簡単に言うと長文内の「話の目印」という意味です。

この「ディスコース・マーカー」が長文の中に出てきたら、話の転換点になるので、これらを意識して長文を解いていくと、今から話の展開が変わるんだなと気づくことができます

注目すべきディスコースマーカー

「逆接」
but
however
yet
although(though)
even if
nevertheless
otherwise

「対比」
while
whereas
meanwhile
;(セミコロン)

例示
for example
for instance
:(コロン)
―(ダッシュ)

「結果」
in conclusion
as a result
therefore
thus
consequently

「追加」
also
besides
in addition
moreover
furthermore
additionally

知らない単語があった際は推測をする

長文問題を解いていると知らない単語に出会うことがあります。
これは、基本的には他の受験生もわからないので基本的には読めなくても問題ないので、読み飛ばしてしまって問題ないです。

しかし、「この単語の意味は何でしょう?」という出題がされることもあります。

その際には以下の2つの推測方法を意識して問題を解いてみましょう!

推測のやり方
  1. 文章の前後を確認して、推測してみる

    My grandmother is slightly deaf. In other words she is hard of hearing.
    Q:deafの意味は?
    “she is hard of hearing”と同じような意味=「耳が遠い」

  2. 接頭辞を覚えて、推測をしてみる
    pre(前に) + view(みる) = 試写・下見

 以下の余裕のある方は以下の接頭辞を覚えておくといいでしょう!

【接頭語編】英語の接頭辞の意味まとめ

英単語で単語の頭につく接頭辞とそのあとに続く単語の組み合わせで意味やニュアンスを推測する事ができます。

単語の頭にくるので一番探しやすくわかりやすい部分です。

接頭語 意味 意味
pre- 前に preview pre(前に) + view(みる) = 試写・下見
post- 後に postpone post(後に) + pone(置く) = 延期する
im- 反対 imperfect im(反対) + perfect(完全) = 不完全な
un- 否定 unable un(否定) + able(可能性) = できない
co- 共に coworker co(共に) + worker(働く人) = 同僚
en- その状態にする enjoy en(その状態にする) +joy(楽しむ) = 楽しい
inter- 相互間で interchange inter(相互間で) + change(変える) = 交換する
re- 戻す/再び reborn re(再び) + born(生まれる) = 再生する
ex- 外に expose ex(外に) + pose(置く) = さらす
in- 中に include in(中に) + clude(閉じる) = 含む
de- 離れて/下に decrease de(下に) + crease(増える) = 減る
dis- 離れて disagree dis(離れて) + agree(賛成する) = 反対する
mis- 誤って misunderstand mis(誤って) + understand(理解する) = 誤解する
over- 超えて overlook over(超えて) + look(見る) = 見逃す
sub- 下に subway sub(下に) + way(道) = 地下鉄

【語根編】英語の語幹の意味一覧

語幹(語根)は単語の前にも後にも来る事ができる部分です。

多くの場合は接頭辞のあとに語根が続きます。

語根 意味 意味
cept 取る accept ac(〜の方向へ) + cept(取る) = 受け取る
tain 保つ sustain sus(下に) + tain(保つ) = 維持する
pose 置く impose im(中に) + pose(置く) = 課する
scribe 書く describe de(下に) + scribe(書く) = 描写する
duct 導く conduct con(共に) + duct(導く) = 行う
ply 折る imply im(中に) + ply(折る) = 暗示する
fer 運ぶ confer con(共に) + fer(運ぶ) = 話し合う
mit 送る admit ad(〜へ) + mit(送る) = 〜へ入ることを許可する
spect 見る inspect in(中に) + spect(見る) = 調査する
tend 伸ばす/引く extend ex(外に) + tend(伸ばす) = 拡大する
tract 引っ張る attract at(〜の方向へ) + tract(引っ張る) = 引きつける
dict 言う predict pre(前に) + dict(言う) = 予測する
ject 投げる inject in(中に) + jest(投げる) = 注射する
port 運ぶ export ex(外に) + port(運ぶ) = 輸出する
form 形づくる reform re(再び) + form(形づくる) = 改良する

【語尾編】最後にわかる英単語の意味・品詞

接尾語は単語の一番後ろについている部分です。

接尾語によって意味を補足する役割と、単語の品詞を決定する役割があります。

接尾語 意味 意味
-able 〜できる movable mov(動く) + able(〜できる) = 可動の
-ful 〜に満ちた powerful power(力) + fun(〜に満ちた) = 強力な
-al 〜に関する annual annu(年) + al(〜に関する) = 毎年の
-ify 〜化する justify just(正しさ) + ify(〜化する) = 正当化する
-ate 〜にする create cre(つくる) + ate(〜にする) = 創造する
-logy 学問 biology bio(命) + logy(学問) = 生物学
-er (-or) 人/もの partner part(部分) + er(人) = 仲間
-ism 主義/説 egoism ego(自分) + ism(主義) = 利己主義
-age 状態/集合 heritage herit(受け継ぐ) + age(集合) = 遺産
-ance 行動/状態 acceptance accept(受け入れる) + ance(行動) = 受諾
-ness 〜であること business busi(勤める) + ness(〜であること) = 仕事
-ship 〜である状態 friendship friend(友達) + ship(〜である状態) = 友情
-tion もの/こと caption cap(つかみ取る) + tion(こと) = 見出し/字幕
-ment 〜であること agreement agree(賛成する) + ment(〜であること) = 賛同
-ency 状態 tendency tend(傾向がある) + ency(状態) = 傾向

復習をし、音読をする

今までの学習同様に問題を解いた後は、解説を読み、復習をしていきましょう!
また、復習後は音読をして短時間で長文を理解できる力を養いましょう!

NGな英語の勉強法

ここでは、大学入試に向けて英語を学習する場合におすすめできない学習法を紹介します。

それは、基本の語彙や文法の勉強をおろそかにしてスピーキングやリーディングの勉強だけを行うというものです。

TOEICの大学別平均スコアを見ると、上位の大学ほど偏差値が高い傾向にあります。そこから、スピーキングやリーディングばかりに力を入れて勉強する人がいます。

しかし、基本である語彙と文法力がなければ、受験に対応できるレベルの英語力が身につくことはありません。

小学校では、母国語である国語の授業では漢字の書き取りをしたりわからない言葉の意味を辞書で調べたり作文を添削してもらったりしたでしょう。

母国語ですら基礎・基本からスタートするのです。いうまでもなく、外国語である英語を学ぶのに、基本をおろそかにして良い道理はありません。

志望大学に合わせた対策を計画的に!

テストの名称や形式が変わろうと、大学受験で求められる基礎学力は変わりません。

そのため、従来と同じ知識をきちんと学習し、まずは基礎固めをすることが大切です。そのうえで、志望大学の出題形式に合わせた対策をすると、効率良く大学受験に対応できる英語力が養成できます。

私立大学であれば、以下の点について調べましょう。

・どのような入試方式があるのか

・民間の英語資格試験(英検など)を利用しているか

・配点はどのようになっているのか

・英語の比重は高いか、低いか

・総合型選抜や学校推薦型選抜などはあるか

国立大学を志望する場合は、大学入学共通テストのリスニングとリーディングの配点比率を確認しましょう。また、二次対策として過去問演習を行い、会話表現・要約・和訳や英作文などのライティングなど、どんな形式の問題が出てくるかを知ること、問題の傾向を掴むことも必須です。

大学や学部によっては、民間の英語資格試験に合格していないと出願できなかったり、英語資格試験の得点を入試の総合点にプラスしたりするところもあります。

こういった英語資格試験は、受けたいときにいつでも受けられるものではありません。 さまざまな受験方式がある場合も、なるべく早い段階でどの方式にするかを決定しなければ、計画的に学習できないでしょう。

そのため、志望校はできるだけ早めに決めることが大切です。

ただし、受験方法や合格までの学習計画について不安がある場合、今のままでは「伸びない」と感じている場合は、サポートが手厚い塾や予備校で一度相談してみるのもいいでしょう。

「河合塾マナビス」で4技能を効率的に着実に伸ばそう

河合塾マナビスは新大学入試に対応して4技能対策を充実させ、豊富な講座やアプリを用意しています。

基本から応用まで幅広いレベルに対応可能で、復習用アプリを使えば「聞く」「話す」の反復練習もでき、4技能の総合的な引き上げが可能です。

また、河合塾マナビスでは、受講後に毎回、生徒がアドバイザーに受講内容を説明する「アドバイスタイム」があります。

授業で得た知識を深く定着させられるだけでなく、受験本番で最も役立つ「アウトプット力」や記述問題で必要な「表現力」も習得できます。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

「この春の過ごし方」に
こんなお悩みを持っていませんか?

高校生活がスタートする前に、先取りして学習したい!

高1生の学習範囲に苦手分野を残したまま…この春なんとか克服したい!

いよいよ受験まであと1年。今の勉強で志望校合格できるのかな…?

河合塾マナビスでは、春期特別無料講習の受付スタート!

河合塾マナビスの2024年春期特別無料講習では、「高校の学習講座」(学校の学習範囲全てに対応) に加え、「大学入試対策講座」「共通テスト対策講座」をラインナップ。先取り学習をしたい新高1生も、苦手を克服したい新高2生も、受験勉強を本格化させる新高3生も、この春から頑張るあなたに必要な講座が必ずあります。
また、キャンペーン期間に申し込むと、春期特別無料講習を受講することができます!

もちろん一人で学習を進めていくのではありません。大学受験のプロである担当アドバイザーが、日々の学習相談や受験勉強のアドバイス・進路相談を行い、志望校合格に向けてあなたをしっかりとサポートします。

ぜひお申込みをお待ちしております!

春期特別無料講習の概要

対象:新高1・2・3生(中高一貫校新中3生も歓迎)
※他塾に通塾中・体験中の方も体験が可能です!
費用:無料(入会金・テキスト代も不要)
講座詳細:春期特別無料講習のページをご確認ください。
開講講座:
2月26日(月)までの申し込み:最大4講座
3月11日(月)までの申し込み:最大3講座
3月18日(月)までの申し込み:最大2講座
以降締切日までの申し込み :1講座

河合塾マナビスでは、学習に関するご相談も随時受付中。受験のプロのアドバイザーが、あなたの学習・受験に関するお悩みや不安を一緒に解決します。あなたの今の実力・志望校に合わせた勉強法などもお伝えします。

学習に関するお悩みや受験勉強の進め方に不安がある方、お子様の学習状況に不安を感じる保護者様もお気軽にご相談ください。
お問い合わせをいただいてから、1営業日以内にご連絡を差し上げます。