【大学入試対策】日本史の効率的な勉強法って?勉強すべき順番や学習時のポイントをご紹介

大学入試に向けて勉強しなくてはならない日本史の知識は膨大な量です。そのため、「何から手をつければよいのかわからない」「効率良く覚えるにはどうすればよいか」など悩む高校生は多いのではないでしょうか。

また、大半の高校では通史が終わるのが高校3年生の12月頃です。なかには通史が終わらない高校もあり、~中世・近世までは対応できても、明治時代以降の近現代が試験に出ると不利になってしまいます。ここでは、勉強すべき順番やポイントなど、効果的な日本史の勉強の仕方を紹介します。

「日本史は暗記すればOK」ではない!

日本史で高得点をとるには丸暗記が大切と思われがちです。しかし、丸暗記だけに頼っていては高得点を狙うことはできません。もちろん知識も大切ですが、大学入試の日本史で問われるのは一問一答だけではないのです。そのため、用語集の丸暗記だけでは通用しません。特に難関私大学では、教科書に掲載されていないような知識を求められることがあります。

しかし、時代背景や出来事をしっかりと理解していれば、丸暗記していなくても物事の背景理由やつながりから類推して答えることができるものが多いのです。つまり、日本史には丸暗記よりも類推する力が必要なのです。

また、丸暗記するために日本史ばかりに勉強時間を割いていては他の科目の勉強をする時間がなくなってしまいます。その結果、全体の点数を下げてしまうかもしれないのです。

逆にいうと、丸暗記するために時間をかけなくても済むため、効率よく勉強すれば点数につながりやすいといえます。それでは、ここからは日本史を得点源にできるような学習方法を紹介していきます。

日本史を勉強する順番1.”時代の流れ”を理解する

新元号 文字イメージ

日本史では覚えるべき用語を暗記するよりも先にやるべきことがあります。それは各時代の出来事やストーリーをつかみ、時代全体の流れを頭に入れることです。

それには教科書や参考書にざっと目を通すだけでOKです。あらかじめ全体の流れを把握することで、暗記するべき用語なども覚えやすくなるでしょう。教科書や参考書ではとっつきにくいという人には日本史を漫画にしている本をおすすめします。

日本史を勉強する順番2.用語や年号を覚える

日本史で覚えるべき用語とは人名や地域名、事件の名称などです。もちろん、これらを丸暗記するだけで高得点がとれるわけではありません。それでも重要な用語や年号はしっかりと押さえておかなくてはなりません。

用語や年号の丸暗記には一問一答形式の問題集や語呂合わせの参考書など、教材の活用をおすすめします。通学時間や休み時間などスキマ時間を利用して、できるだけ数をこなすようにしましょう。何度も繰り返し復習することが重要です。

日本史の試験では年号を正確に答える問題は少ないのですが、事件名や人物名を時系列に沿って並べる問題は頻出パターンです。そのため、日本史全体の流れをざっくりとでもいいので押さえてから、各時代の重要な用語・年号を暗記していく方が効率的な勉強方法といえるでしょう。

ポイントは用語・年号を”点”ではなく”線”で覚えることです。つまり、1つの出来事が起こった場合、なぜその出来事が起こったのかといった因果関係、日本史の中でどのような順番で進んでいき変化したのかといった経緯を理解しながら学ぶことが大切なのです。

日本史を勉強する順番3.文化史を学ぶ

これまでのセンター試験や私立大学の入試問題の場合、芸術家や芸術品、各時代の文化の特徴といった文化史が多く出題されます。そのため、早めに暗記しておきたいと考える人は多いでしょう。

しかし、まず通史をつかんでから文化史を学んだ方が時代背景と関連付けられるため暗記しやすいのです。ただし、通史を全て学び終えてからよりも、各時代の区切りごとに並行して、、資料集などで文化史を勉強する方がその時代と関連付けやすいため効率的です。

また、時間に余裕があれば教科書に出てくる寺院を訪れたり、美術館で実際の作品を見たりすることをおすすめします。なぜなら、実体験を伴った方が記憶に残りやすいからです。

文化史と同様に、経済史・外交史などテーマ史も同様の勉強法をおすすめします。テーマ史については自分なりにノートにまとめて整理してみるのもいいでしょう。

日本史の勉強ポイント:暗記だけではNG!様々な形式の問題を解くことでアウトプット力をつける

日本史の勉強は、暗記ばかりに時間を割くのではなくさまざまな形式の問題を解くことがポイントになります。なぜなら、日本史の問題の多くは1つの知識に対してさまざまな角度から捉えることができる思考力が問われるからです。

多くの問題を解くことで、覚えた用語をきちんとアウトプットできているかを確認し、理解できていない箇所があればしっかりと押さえるようにしましょう。

また、テストで正解した問題もしっかり頭に入っていない場合は時間が経てば忘れてしまいます。一度覚えた出題範囲も定期的に繰り返し勉強し、定着させることが大切です。

日本史の勉強ポイント:受験日から逆算してスケジューリングをする

受験スケジュール
カレンダーはストックフォト用にデザインしたオリジナルの小道具です。

日本史の暗記は際限がありません。そのため、効率よく勉強するためには「通読」「暗記」「演習」を計画的に行うことがポイントです。通読や暗記を終える時期、演習を始める時期は受験日から逆算して決めましょう。

スケジュールは受験生によって異なりますが、高校3年生の夏休みから秋までに暗記を終え、それ以降は志望校に合わせた演習に進んでいる状態がベストです。

また、大学ごとに問われる形式や知識の深さが違うため、暗記や演習にかける時間には注意が必要です。たとえば、記述・論述問題がある大学の場合は用語を漢字で確実に書けるようにしなくてはなりません。なぜなら、用語を漢字で書くことができれば簡潔に答えることができ、高得点を狙えるからです。しかし、それには時間がかかります。多めに暗記する時間をとる必要があるのです。

さらに、難関大学では多くの人があまり知らないような深い知識を求めがちです。といっても、重箱の隅を突くような問題を解くために、多くの時間を割くのは効率的ではありません。それよりも他の時代・テーマ、他科目に時間をかけた方が総合的に高い得点をとれる可能性があります。受験日は決まっているため、勉強する時間には限りがあります。こうしたことを踏まえてスケジューリングをするようにしましょう。

2021年!日本史の共通テスト対策はどうする?

2021年の大学入学共通テストでは1つの時代に偏ることなく全ての時代がまんべんなく出題されると予想されます。また、深い洞察力が求められる問題よりも、基礎知識があれば解ける問題が基本となるでしょう。

そのため、大学入学共通テストの対策としては基礎知識の習得を徹底して行うことがポイントになります。覚えた内容が身についたかどうかは時代の判別問題や並び替え問題をはじめ、資料の読み取りといった過去問演習で確認しましょう。

そして、穴があればしっかりと埋めるようにします。とはいえ、2020年時点では過去問題は試行試験の2年分しかありません。そのため、センター試験の過去問題集や模試(特にマーク模試)を活用するとよいでしょう。

国公立大学の二次試験・私立大学入試の日本史の対策は?

受験生

国公立大学の二次試験・私立大学入試の出題傾向は大学によって異なります。高校3年生の夏休み期間に志望校の過去問を解くことで出題傾向をつかむようにしましょう。

また、記述・論述問題が多く出ることが予想されます。そのため、的確で簡潔な文章で答えをまとめる力が求められます。こうした力を身につけるには教科書での勉強が最適です。なぜなら教科書の文章は日本史のストーリーなどを的確に、そして簡潔に表現しているからです。

また、解くのが難しいと思われる問題でも、実は問題文や資料のなかにヒントが隠れていることがあります。過去問を解くことで出題文からどのように読み解くかを把握して、本番では落ち着いて問題と向き合えるようにしましょう。

効率の良い勉強法を実行して日本史で差をつけよう!

日本史は根気が必要ですが、努力が実りやすい科目でもあります。ただ、一問一答の暗記は自分でできても、時代の全体像をつかめない、物事のストーリーや因果関係が理解できない、問題演習になると点数が上がらない…といった状態に陥りがちです。

河合塾マナビスの講座は日本史に必要な時代の全体像をつかみ、物事のストーリーや因果関係が理解しやすい構成になっています。マーク・記述・論述に対する対策講座も充実。特に記述・論述問題は、自分の主観ではなく、”評価者”の視点で採点をしてくれるプロの添削があります。

「学校の授業のペースでは、日本史を勉強し終わることができない…」と遅れが心配な方も大丈夫。

河合塾マナビスの日本史講座では、高2生の秋から高3生の夏(10月~8月)で通史を終えることができ、各模試の範囲にも十分に対応できます。

短期間で受講したい場合は、最短1日1コマ(90分)×30日で通史を終えることも可能。「受けっぱなし」にならないように、受講後にはチェックテストがあり、授業の再現(アウトプット)を行うことで理解の定着を高めることもできます。

自分のペースで日本史の学習を進めたい方、大学受験に不安を抱えている方はもちろん、まずは日本史の定期テスト対策をしっかり行いたい方も、ぜひ一度河合塾マナビスにお問い合わせください。


河合塾マナビスでは、現在学年ごとに無料講習を実施中!

高3生高3生新学期特別無料講習のお申し込みを受付中。5/24(月)までのお申し込みで、2講座を無料で受講可能です。高校の学習・大学入試の対策・共通テスト対策など、全156講座の中からあなたに合った講座を選択できます。

受講期間はたっぷり2週間!自分の予定に合わせて受講スケジュールを立てられるので、学校の授業・部活動と講習を両立することが可能。校舎・自宅での受講の組み合わせも自由自在です。

高1・2生は、今のあなたに必要な力と効率的な学習法が1日でわかる1DAY無料体験がおすすめ。マナビスの学習相談と映像授業を体験しよう!また、自宅でも映像授業の受講と学習カウンセリングが無料体験できる、オンライン無料体験も実施中です。

河合塾マナビスでは、学習に関するご相談も随時受付中。受験のプロのアドバイザーが、あなたの学習・受験に関するお悩みや不安を一緒に解決します。あなたの今の実力・志望校に合わせた勉強法などもお伝えします。